サポート
お問合せ
FAQ
FAQ

みなさまからのご質問で多く寄せられたものについての回答を掲載していきます。
質問の投稿はこちらからお願いします。

■ご注意ください
■赤坂神社での「行」75階での停止現象
【内容】
赤坂神社にて行うことの出来る戦闘“行”の75階にて
ある動作を行うことによりゲームが停止してしまいます。

【詳細】
下記の通り、条件が2つ揃った際に停止してしまうことを確認しております。
◎条件1
敵A〜C部隊が未行動時に味方を5×5に待機させます。
(横マス×縦マスで画面上部の角を0×0とした場合)


◎条件2
他の味方が、ユニット番号52番・狙狩木(腕だけの敵)の射程圏内に
入らないようにします。
【下記画面のような状態です】


◎結果
敵C部隊(狙狩木)の3体目でストップします。

【回避方法】
上記の条件を満たさなければ発生いたしません。

申し訳ございませんが、プレイの際には条件を満たさないよう
ご注意いただければと思います。
■月光録モード「アルバム」での剣持昴生のイベント再生についての不具合
【内容】
第十八話のとあるシーンで剣持昴生の“呼びかけ”イベントを通過しても、
月光録モードのアルバムで再生されません。

【詳細】
イベントを通過した場合には月光録モードの「アルバム」にてイベントの再生が可能になる仕様になっておりますが、その判定プログラムにズレがございまして、「剣持昴生」の“呼びかけ”
イベントを通過しても月光録モードのアルバムにて再生することができません。
剣持の“呼びかけ”イベントにつきましては、別のキャラクター(「館脇道文」)の“呼びかけ”イベントを通過することで判定されるようになっております。

【アルバム再生方法】
以下の方法でプレイしていただきますと、「昴生の声が聞こえる」シーンの
イベントの再生が可能となります。
(1) 一度、第十八話にて「昴生の声が聞こえる」を選択し、その後セーブをいたします。
(この際、昴生と主人公との相性値が一定以上でないと「昴生の声が聞こえる」という選択肢が表示されません)
この時点では月光録モードのアルバムに画像は表示されますが、舞坂のイベントが再生されます。

(2) 昴生と同様、館脇も第十八話に呼びかけるシーンがありますので、こちらをご選択いただき、ゲーム終了後にセーブをいたします。
(この際、館脇と主人公との相性値が一定以上でないと「館脇の声が聞こえる」という選択肢が表示されません)
この時、必ずセーブしていただく必要がございます。
本選択肢をご選択いただくだけで反映可能です。

(3) セーブ後、月光録モード「アルバム」内の本イベント画サムネイルをご覧いただきますと、昴生のシーンを再生することができます。

なお、上記の操作後にゲーム中で「舞坂操」の“呼びかけ”を通過いたしますと、本来ならば月光録モードのアルバムにて「剣持昴生」及び「舞坂操」の“呼びかけ”のイベント画を選択した際、どちらの呼びかけイベントにするかの選択が出るべきところですが、昴生による呼びかけのイベントシーンのみが再生されてしまいます。
その場合、舞坂の呼びかけイベントにつきましては、昴生同様に判定のためのキャラクターがズレておりますため、「深山木光」の呼びかけを聞くことによって、両者のイベントが選択
できるようになります。
また、先に館脇・深山木の呼びかけを通過した後に、昴生・舞坂の呼びかけイベントを通過した場合にも問題なくアルバムにて各キャラの呼びかけイベントを再生することが可能です。


(なお、その他のキャラクターに関しては現在判定プログラムのズレは発見されておりません。)
■人物辞典での不具合
【内容】
月光録モードの人物辞典にて、舞坂登場後も舞坂の項目が見ることが
出来なくなる場合があります。

【不具合発生条件】
第7話 舞坂初登場時のRES発生時において「愛」を選択し、
かつ天草との相性値が高い(数値でいいますと+21以上)場合に発生します。

【回避方法】
第7話 舞坂初登場時のRES選択で天草の相性値が高い場合、
「愛」を選択しないことで回避できます。また、天草との相性値が低い場合は
「愛」を選んでも上記の現象は発生いたしません。
なお、1週目で舞坂の人物辞典が登場しなかった場合も、2週目以降で
上記の発生条件を満たさなければ人物辞典に舞坂の項目が追加されます。
■魂神の変化についての表示ミス
15話の戦闘後、剣持昴生の「魂神の攻撃方法が変化しました」
という内容が表示されますが、実際には剣持の魂神に変化はありません。
(ゲーム中、剣持の魂神のみ変化いたしません)
誤った表示により、ユーザーのみなさまには混乱を招いてしまいまして
誠に申し訳ございません。お詫びして訂正させていただきます。
※このような不備がございましたこと、ユーザーのみなさまには深くお詫び申し上げます。
  開発に際しましては今後一層の注意を払いあたりたいと思います。
  何卒今後も変わらずご愛顧賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。




■得だねシリーズに関しての質問
Q.得だねシリーズの月光録では、公式ウェブに記載されている不具合は解消されていますか?

■ゲームに関しての質問
Q.タイトルに込められた意味はなんですか?
Q.『転生學園幻蒼録』に登場したキャラクターは『月光録』にも出ますか?
Q.主人公の名前は変更できますか?
Q.デフォルトの名前(草凪八雲)でプレイしたら名前は呼んでもらえますか?
Q.主人公は男性のみですか?
Q.ゲーム中の会話はフルボイスなのでしょうか?
Q.1回のプレイに掛かる時間はどの位でしょうか?
Q.キャラクターごとのエンディングがありますか?
Q.クリア後も繰り返し楽しめる要素がありますか?
Q.二週目以降、1週目のデータの引継ぎなどはあるのでしょうか?
Q.前作『転生學園幻蒼録』のセーブデータがあると追加要素があるとのことですが、
 ゲームをクリアしたデータが必要ですか?

Q.前作データの入ったメモリーカードを使用する場合の注意点はありますか?
Q.2週目をプレイする場合も前作のデータを同じメモリーカードに
入れておく必要があるのでしょうか?(1週目は引継ぎ済み)

Q.1週目クリアしてしまったんですが2週目からじゃ前作のデータ読み込めませんか?

■その他の質問
Q.特典として前作同様“画集”がつくようですが、どうすればもらえますか?
Q.ショップ特典がつくところがありますか?
Q.素材のバナーは自分のホームページやブログにリンクバナーとして貼っても良いのでしょうか?


Q.得だねシリーズの月光録では、公式ウェブに記載されている不具合は解消されていますか?
はい。公式ウェブ上に記載されているものを含め、開発側が把握している不具合に関しては全て修正されています。
Q.タイトルに込められた意味はなんですか?
『月光録』というタイトルには今作の舞台である月詠学院(=「月」)に集う、世界を救う可能性を
持った若者達(=「光」)の戦いと青春の記録(=「録」)…という意味が込められています。
また、月は太陽の光を反射して光っていることから、月詠と天照の関係性を暗示しています。
その他にもちょっとした意味合いがあるのですが、それはまたいずれ機会がありましたら。
Q.『転生學園幻蒼録』に登場したキャラクターは『月光録』にも出ますか?
京羅樹・御神・姫宮・若林と徐々に明かされてきました。
他の前作キャラも出てくるのでしょうか?追加の情報をお待ち下さい。
Q.主人公の名前は変更できますか?
はい、前作同様可能です。今作では「名前」「あだ名」の他、「誕生日」「血液型」なども設定可能です。また、文字に関しましても前作で使用できなかった漢字が新たに追加されています。
Q.デフォルトの名前(草凪八雲)でプレイしたら名前は呼んでもらえますか?
残念ながらデフォルトでも名前は呼ばれません。
理由としましては、今回ボリュームアップに伴い主人公への問いかけが
倍増しておりまして、声優さんごとに「名前あり」と「名前なし」の2バージョン
の収録が必要となり、データ容量が膨大になってしまうからです。
なにとぞ、ご了承ください。
Q.主人公は男性のみですか?
はい…。女性主人公でのプレイを楽しみにされていた方々、どうもすみません…。
女性主人公でも楽しみたいというご意見をいただき、検討もしたのですが、今作ではどうしても入れられませんでした。単純に絵などを差し替えるだけではダメで、各キャラのリアクションなども全て修正する必要があるため、ほぼゲーム2本分作るのと同じということで、今回は見送りとなってしまいました…。ご了承ください。ただ、今後も要望が多いようでしたら別の方策も検討してみたいと思います。
Q.ゲーム中の会話はフルボイスなのでしょうか?
はい、今回はイベント時のほか、通常会話も全編フルボイスです。
こちらは非常に要望が多い点でしたので声優さんにもがんばっていただきました。
ぜひ、豪華かつ大迫力のボイスアクトをお楽しみ下さい!
Q.1回のプレイに掛かる時間はどの位でしょうか?
前作『転生學園幻蒼録』の全12章に対し今作は全18章ですが、
ボリュームとしては前作の2倍ほどありますので、通してのプレイは40時間くらいでしょうか?
ミニゲームやフリー戦闘などで長く遊ばれるとさらにかかると思いますよ。
Q.キャラクターごとのエンディングがありますか?
はい、ございます。
今回は、キャラクターの人数も多いため、全員とのエンディングを迎えるにはかなりの時間とテクニックが必要になるかと思います。がんばってください!
Q.クリア後も繰り返し楽しめる要素がありますか?
はい、ご用意しています。
前作同様おまけモードにてイベントグラフィックの収集が可能です。
また、今回は地下深くもぐっていくフリーバトルのダンジョンがあります。
やり込んでみてください!

他にもたくさんございますが、詳しくはまた後日お伝えいたしますね。
Q.二週目以降、1週目のデータの引継ぎなどはあるのでしょうか?
はい、一部ございます。
今作では2週目をプレイされる際にレベル・所持金・装備品・所持品・技・相陣連技・魂神能力
などを引き継ぐことができます。
ですが、相性値については引き継がれませんのでご注意下さい。
Q.前作『転生學園幻蒼録』のセーブデータがあると追加要素があるとのことですが、
 ゲームをクリアしたデータが必要ですか?
いいえ、クリアデータは必要ありません。
『月光録』での追加要素を出すために必要なのは『転生學園幻蒼録』の“セーブデータ”です。
なお、セーブポイントはどこでもかまいません。
(もちろん『幻蒼録』はフルプライス(6,800円)版、得だねシリーズ版のどちらでもOKです)
Q.前作データの入ったメモリーカードを使用する場合の注意点はありますか?
前作『転生學園幻蒼録』のセーブデータが入っているメモリーカードを使用して
『転生學園月光録』を初めからプレイすると、ゲーム中に隠しの要素が現れる
条件が満たされます。(前作データはクリアデータでなくても構いません)

しかし、プレイ中の『月光録』のメモリーカードに途中から『幻蒼録』のセーブデータを
コピーするなどしても隠し要素の出現条件を満たすことができませんのでご注意下さい。
(「初めから」でのプレイ開始時に『幻蒼録』のデータがあることが必要です)

月光録は容量に余裕があれば30個までセーブを残すことが可能ですので、
メモリーカード2枚以上を必要とすることは少ないと思いますが、
もしメモリーカードを2枚以上にまたがってセーブする場合、2枚目につきましても、
『幻蒼録』のセーブデータをコピーしておき、その上でまずは『月光録』を
「初めから」でプレイ開始し、最初のセーブ箇所などで一度セーブしておく必要がございます。
ちょっと面倒ですが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。
Q.2週目をプレイする場合も前作のデータを同じメモリーカードに
入れておく必要があるのでしょうか?(1週目は引継ぎ済み)
隠し条件を発生させるためには、2週目以降も『転生學園幻蒼録』
のセーブデータは同一のメモリーカードに入れておいて下さい。

なお、データを他のメモリーカードにコピーした際には
前作データ引継ぎの情報が失われる可能性がございますので、
同一のメモリーカードにてプレイされるよう、お願いいたします。
Q.1週目クリアしてしまったんですが2週目からじゃ前作のデータ読み込めませんか?
残念ながら2周目からですと有効となりません。

前作セーブデータは『転生學園月光録』の初めての
プレイ時に読み込んでいただいた場合のみ有効となります。
Q.特典として前作同様“画集”がつくようですが、どうすればもらえますか?
こちらは“先着予約特典”となります。
ですので、ゲーム取り扱い店などで予約していただきましたら、商品の
引き換え時にみなさんのお手元に渡ります。
ただ、お店さんによって予約可能の本数が違いますので、急に予約が
締め切りになって慌てないよう、お早めにご予約いただくのがベストです。
なお、ご予約の際は念のため特典がつくかをご確認されることをお勧めします。
Q.ショップ特典がつくところがありますか?

販売店さまによる独自の特典(いわゆるショップ特典)ですが、
下記の販売店さまでショップ特典を用意していただいております。
・ソフマップTVゲーム取扱い店全店
・メッセサンオー
・WonderGOO
・メディアランド
・ゲーマーズ
・いまじん(マジカルパック販売分)
・アニメイト
(順不同、敬称略)

Q.素材のバナーは自分のホームページやブログにリンクバナーとして貼っても良いのでしょうか?
はい!大歓迎です。ぜひぜひよろしくお願いいたします。お友達にも教えてあげてくださいね!
バナーはこちらからダウンロードして下さい。